子供のワキガを治療してあげたい!

 

ワキガ,子供,治療

 

子供がワキガの場合、「子供のワキガを治療してあげたい!」と思う親は多いはずです。思春期に脇のニオイに悩んでいる子供を見るのは、心苦しいものがあります。

 

ワキガを根本的に治療しようと思ったら、「手術をする」という方法があります。手術と聞くとちょっと怖いイメージがありますが・・・決してそのようなことはありません。子供のワキガを治療するのにオススメの手術を2つほど紹介したいと思います。

 

ミラドライ(切らない手術)

こちらの手術は、脇の皮膚を切開する必要が一切ないのが特徴です。マイクロウェーブという電磁波をアポクリン汗腺にあてることで、汗が分泌する機能を破壊することが出来ます。最新の手術法になるため、病院によっては機械が置いていない場合があるかもしれません。

 

クワドラカット法(確実に治療する手術)

こちらも最新の手術法になるのですが、皮膚は1箇所のみ切開し、手術跡がたったの4mmで済むのが特徴です。再発する可能性がほぼゼロなので、確実にワキガを治してあげたい場合にオススメですよ。

 

 

個人的な意見ですが・・・子供には切らない手術の「ミラドライ」の方が良いのかな、と思います。ミラドライは皮膚を切らない手術なので、体の負担も少ないです。しかしクワドラカット法の方がより確実に治療出来ますし、手術法はこの2つ以外にもたくさんありますから、1度医師に相談してみても良いですね。

 

ワキガの手術は基本的に自費診療のものが多いです。自費診療は病院によって金額を自由に決められますから、さまざまな病院に問い合わせて、金額をしっかり調べた方が良いでしょう。

 

また、手術を検討する前に、クリアンテのようなデオドラントクリームをぜひ使用してみて下さい。ワキガを治療するものではありませんが、一時的にニオイを抑えることが出来ますよ。ワキガを手術で治療するのもひとつの選択肢ですが、治療せずにワキガと上手く付き合っていく方法もあるということを忘れずに・・・。